IQ246華麗なる事件簿の動画を配信されない8話も含めて全話無料視聴|Pandoraやデイリーモーションも

この記事では、TBSで2016年放送のドラマ『IQ246華麗なる事件簿』を全話無料視聴する方法を説明します。


1話完結の本格ミステリードラマです。貴族の末裔が鮮やかに難事件を解決する様子に、ハラハラドキドキします。

結論として、『Hulu』なら『IQ246華麗なる事件簿』を8話以外全話無料視聴できます!8話については、あとで説明するTSUTAYA DISCASの説明をご覧ください。
Hulu

hulu

 

Huluで無料視聴する2週間のお試し期間中に解約すれば0円!

『IQ246華麗なる事件簿』の動画配信状況

『IQ246華麗なる事件簿』を無料で見たいなら、「無料お試し期間」を利用しましょう!

○…見放題配信 △…有料配信 ×…配信なし

配信
サービス(リンク)
配信
状況
無料
お試し期間
月額費
(税抜)
Hulu 2週間 933円
U-NEXT × 31日間
1,990円
dTV 31日間 500円
Paravi 2週間 925円
FODプレミアム × 2週間 888円
NETFLIX × なし 800円〜
Amazon prime video 30日間 455円
TELASA
1話300円
30日間 562円

※調査結果は記事執筆時点の情報

『IQ246華麗なる事件簿』の第8話はSMAPの稲垣吾郎さんがゲスト出演しているため、配信されていません。8話も含めて全話見たい方は、あとで説明するTSUTAYA DISCASの宅配レンタルなら全話視聴可能です。

『IQ246華麗なる事件簿』無料視聴のおすすめ

『IQ246華麗なる事件簿』の無料視聴には『Hulu』がおすすめです!

Hulu

hulu

月額料金 933円(税抜)
無料お試し期間 2週間
特徴
  • 海外ドラマの配信開始が最速。独占配信も多い
  • 配信作品6万本以上
  • 日テレ作品の独占配信あり

Huluで無料視聴をはじめる
お試し期間中に解約すれば0円!

 

 

 

【DVD】『IQ246華麗なる事件簿』の無料宅配レンタル

『IQ246華麗なる事件簿』のDVDはTSUTAYA DISCASのお試しなら第8話も含めて全話無料視聴可能です。
TSUTAYA DISCASで無料レンタル
30日間のお試し期間中に解約すれば0円!

 

Pandora・Dailymotion・Youtubeの動画

『IQ246華麗なる事件簿』のフル動画は上記サイトにはありませんでした。
違法アップ動画のリスクと欠点
  • 低画質・低音質(音ズレ)
  • 全話そろっていない
  • 偽広告によるウイルス感染やフィッシング詐欺

 

詐欺広告

 

Huluの無料お試しで『IQ246華麗なる事件簿』の良質な動画を見られますので、リスクを犯して低品質な動画を探す必要もないと思いますよ。

『IQ246華麗なる事件簿』のあらすじ・主題歌・キャスト

『IQ246華麗なる事件簿』のあらすじ

織田裕二が天才貴族を演じる本格ミステリードラマ!織田裕二、9年ぶりのTBS連続ドラマ主演作。IQ246(超遺伝頭脳)の天才・法門寺沙羅駆(ほうもんじしゃらく)が、難事件を膨大な知識と鮮やかな推理で解決する本格ミステリー。

織田裕二さん演じるクセの強いキャラクターにハマる人が多かったようです。毎回予想できないストーリー展開にも目が離せません。

『IQ246華麗なる事件簿』の主題歌

 

『IQ246華麗なる事件簿』の主題歌は、『井筒昭雄』の『IQ246〜華麗なる事件簿〜メインテーマ』です。

これぞ推理ものといったオーケストレーションです。壮大で優雅な雰囲気が、ドラマをより盛り上げています。

『IQ246華麗なる事件簿』のキャスト

織田裕二 土屋太鳳 ディーン・フジオカ

今までにない織田さんのキャラクターとディーンフジオカさんのスマートな役柄が好評でした。毎回変わるゲスト俳優にも注目です。

 

『IQ246華麗なる事件簿』の放送日・タイトル・視聴率

第1話

放送日

サブタイトル

視聴率(%)

2016年10月16日

天才貴族が汚れたクリエイターの完全犯罪を突き崩す 13.1

第2話

放送日

サブタイトル

視聴率(%)

2016年10月23日

命の心理戦!! 連続自殺の謎を解く 12.4

第3話

放送日

サブタイトル

視聴率(%)

2016年10月30日

執事の愛 10.1

第4話

放送日

サブタイトル

視聴率(%)

2016年11月6日

天空の密室に響く殺人協奏曲 11.7

第5話

放送日

サブタイトル

視聴率(%)

2016年11月13日

錯覚じゃなかった男達の友情 10.1

第6話

放送日

サブタイトル

視聴率(%)

2016年11月20日

才能買う画家が描く殺しの絵 10.4

第7話

放送日

サブタイトル

視聴率(%)

2016年11月27日

完全犯罪を名女優は演じきる 10.0

第8話

放送日

サブタイトル

視聴率(%)

2016年12月4日

真犯人は法門寺沙羅駆。 10.3

第9話

放送日

サブタイトル

視聴率(%)

2016年12月11日

マリア・T 死後に犯す完全犯罪 9.3

最終回

放送日

サブタイトル

視聴率(%)

2016年12月18日

絆VS頭脳!! 命を懸けた闘い 7.8

『IQ246華麗なる事件簿』の感想(ネタバレ注意)

20代女性
もともとミステリーが大好きでこのドラマも観ることにしたのですが、織田裕二さんの独特なキャラクターがだんだんクセになってくる感じもあり、毎回凝った推理で楽しめました。最終回に近づくにつれて中谷美紀さんの正体がだんだんわかってきて最終回での対決は天才同士の駆け引きがとてもスリルがあってどちらが勝つのか本当にハラハラしながら観ていました。まだまだ事件を解決していく姿が観たいので、ぜひ続編をやってほしいドラマです。

30代女性
お金持ちのおぼっちゃまが軽快に時間を解決していく様が気持ち良くてついつい見入ってしまいました。新人刑事とのやりとりも面白おかしくて、その二人の絡みも毎回楽しんで見ていました。コメディ要素も多めなドラマですが、今までの警察ドラマとはまた違った面白さや展開があり、毎回予想のできない展開にハラハラドキドキしてしまいました。こんなおぼっちゃまは現実世界ではなかなかいませんが、だからこそ違う視点で楽しんで見られました。

30代男性
ドラマ「IQ246 華麗なる事件簿」は織田裕二演じるIQ246(超遺伝頭脳)の天才・法門寺沙羅駆が、膨大な知識と鮮やかな推理で難事件を解決する本格ミステリーです。このドラマは織田裕二あってのドラマです。あの難しい役をできるのはさすがに織田裕二だなと思いました。あの話し方や仕草、雰囲気はなかなか出来ないと思います。また織田裕二との絡みがよかったディーン・フジオカや中谷美紀など素晴らしくてよかったです。

40代男性
今までにない織田裕二のキャラが見えたドラマでした。かなりぶっ飛んだキャラになっているので、見ていて飽きなかったです。法門寺沙羅駆を演じた織田裕二は、とにかくインパクトがあり過ぎました。初回は、石黒賢さんとの共演で振り返れば奴がいる以来の共演で、もうそれだけで嬉しくなりました。そして、ドラマの中で土屋太鳳さんが演じた和藤奏子のセリフが、振り返れば奴がいるをモジったシーンがあって、かなり受けました。和藤奏子が「振り向いてもやつはいない!」には、振り返れば奴がいる好きにはたまらないセリフです。

40代男性
織田裕二ディーンフジオカなどといったような豪華なメンツが出演しているあまりに俳優陣に評価が行きがちなこのドラマ、ドラマの内容はさておき出演者の演技に皆一応の注目があるのでしょう。しかし、フォーカスを当てるべきは私は違うと思います。私が注目するべきこのドラマの見方、それは脚本ではないでしょうか。脚本面面からたいへん優れていると思われ、そのうえ演出家の采配もすごく良いのかと思われました。ストーリーを波として捉えるのであればその波は穏やかではなく多少の荒波の中を駆け巡るというすごい良いドラマだと思いました。

30代男性
織田裕二さんの久々の主役ということで登場はどんな作品になるのかワクワクしていましたが、かなり凝った奇人ぶりの演技が最初見たときは受けつけられなかったですが尻上がりに徐々に面白く感じてくる不思議なキャラクターでした。彼に徹底した忠誠を誓っているようなディーンフジオカさんのキャラクターも相対的で綺麗なスマートな雰囲気で二人のコンビがとても美しかったです。個人的に印象に残っているのは俳優として引退された成宮寛貴さんがゲストで出て来たときは某ドラマのパロディを観ているかのようで可笑しかったです。

40代女性
織田裕二さんが演じる沙羅駆がクセが強くって、今までにないキャラで大好きでした(笑)。ネットなどでは「相棒の右京と被る」なんて散々でしたが、私は毎週楽しく見ていました。オディーン様の執事役も強くって格好いいし、沙羅駆にいつも振り回される奏子役の土屋太鳳さんも可愛かったです。監察医で警察側だと思っていた朋美が『マリア・T』だった事にはほんとビックリしましたよ!最終回では、死んだと思った『マリア・T』が沙羅駆の家でずっと住むことになりましたが、IQ246とIQ300の対決はまだまだ続きそうでしたね〜。続編があると良いな、って思います。

まとめ

『IQ246華麗なる事件簿』の無料視聴にはHuluがおすすめです。
おすすめの記事