刑事7人2020(第6シリーズ)のドラマ見逃し動画配信を無料視聴|1話〜最新話まで全話

この記事では、テレ朝で2020年放送のドラマ『刑事7人 第6シリーズ』を全話無料視聴する方法を説明します。

結論として、『TELASA』なら『刑事7人 第6シリーズ』を全話無料視聴できます!

30日間の無料お試し期間中に解約すれば0円!

『刑事7人 第6シリーズ』の動画配信状況

最新話のみの視聴

放送終了後1週間以内の最新話であれば、無料視聴は下記サイトから可能です。

1話〜最新話まで全話無料視聴できるサイト↓↓

『刑事7人 第6シリーズ』を無料で見たいなら、「無料お試し期間」を利用しましょう!

○…見放題配信 △…有料配信 ×…配信なし

配信
サービス(リンク)
配信
状況
無料
お試し期間
月額費
(税抜)
Hulu × 2週間 933円
U-NEXT × 31日間
1,990円
dTV × 31日間 500円
Paravi × 2週間 925円
FODプレミアム × 2週間 888円
NETFLIX × なし 800円〜
Amazon prime video × 30日間 455円
TELASA 30日間 562円

※調査結果は記事執筆時点の情報

30日間の無料お試し期間中に解約すれば0円!

『刑事7人 第6シリーズ』無料視聴のおすすめ

『刑事7人 第6シリーズ』の全話無料視聴には『TELASA』がおすすめです!

公式サイト TELASA公式サイト
月額料金 562円(税抜)
無料お試し期間 30日間
特徴
  • リーズナブルな月額
  • テレ朝動画が最多。独占配信も有り
  • 無料お試し期間が長い

<TELASAユーザーの声>

30代女性

auでスマートフォンを購入した際に登録したauスマートパスプレミアムというサービスの中にTELASAがありました。月額562円という低価格でドラマが見放題なので、ドラマ好きな私としては大変うれしいです。TELASAでハマったドラマといえばドクターXです。とても面白くて、過去のシーズンを休日にまとめてみるのが楽しみになりました。しまじろうや、アンパンマンなどの子供向け作品も沢山あるので子供に見せてあげられて助かっています。

無料お試し期間中に解約すれば0円!

TELASA無料お試し登録方法

TELASA登録方法

TELASAへの登録方法は下記の通り、メールアドレスの入力や支払い方法などを登録すれば数分で終わります。

1.TELASA公式サイトより「初回30日間無料」を選択

TELASAで無料視聴をはじめる
30日間の無料お試し期間中に解約すれば、0円で視聴できます!

2.au IDでログインまたは新規登録

au idの登録画面の説明

以下は、新規au IDを新規登録の場合の説明をしていきます。auIDをお持ちの方は、8.まで進んでください。

3.該当する箇所を選択

ここでは、au携帯電話を契約していない場合を説明します。

au id登録の画面説明遷移

4.メールアドレスを入力し、「確認メールを送信」を選択

au idメール登録の説明

5.届いたメールに記載の確認コードを入力し、「次へ」を選択

6.パスワードを入力し、「利用規約に同意して新規登録」を選択

au id 登録の最終画面の説明

7.登録完了画面を確認

au id 登録画面の最終確認

8.TELASA公式サイトより「初回30日間無料」を選択

TELASAで無料視聴をはじめる
30日間の無料お試し期間中に解約すれば、0円で視聴できます!

9.「規約に同意して加入」を選択

10.auIDパスワードを入力し、「OK」を選択

telasaの登録画面1

11.「同意する」を選択

au簡単決済の説明

12.必要事項を入力し、「設定する」を選択

telasa登録用入力フォームの説明

13.「設定する」を選択

telasa加入内容確認画面

14.クレジットカード情報を記入し、「登録する」を選択

telasa決済方法選択画面の説明

15.登録完了画面を確認

telasa登録完了画面の説明

TELASA無料お試し解約方法

TELASAの解約方法

無料お試し期間終了後、自動的に有料プランに移行します。

無料お試し期間に解約されたい方は、無料お試し期間が終わるまでに解約をしてください。

ただ、解約手続きをした時点で利用できなくなりますのでその点はご注意ください。

では、TELASAの解約方法を説明します。

①TELASAの公式サイトから「マイページ」を選択

telasa解約のためのトップ画面の説明

②「マイページ」で「退会」を選択

telasa解約方法に進むためのマイメニュー説明

③「退会手続きを進める」を選択

telasa解約前の確認画面の説明
telasa解約確認画面の説明2

④「退会する」を選択

telasa解約の最終確認の説明

⑤退会完了画面を確認

解約の最終確認画面の説明

以上で解約が完了します。

Pandora(パンドラ)・Dailymotion(デイリーモーション)・Youtube(ユーチューブ)の動画

『刑事7人 第6シリーズ』のフル動画は上記サイトにはありませんでした。
違法アップ動画のリスクと欠点
  • 低画質・低音質(音ズレ)
  • 全話そろっていない
  • 偽広告によるウイルス感染やフィッシング詐欺

詐欺広告

TELASAの無料お試しで『刑事7人 第6シリーズ』の良質なフル動画を見られますので、リスクを犯して低品質な動画を探す必要もないと思いますよ。

『刑事7人 第6シリーズ』のあらすじ・主題歌・キャスト

『刑事7人 第6シリーズ』のあらすじ

捜査資料が盗まれた!? ―史上最悪、波乱の幕開け― 最強の7人が前代未聞の謎を追う!! 「スタッフ・キャスト一同、気を引き締めて 成熟した人間ドラマをお届けします」 6年目に突入!! ロングランシリーズとなった『刑事7人』がさらに進化して帰ってくる!  2015年から5シーズンを放送し、回を重ねるごとに好評を博してきた『刑事7人』。テレビ朝日水曜9時枠の刑事ドラマで、5シーズンを超えるロングランシリーズの仲間入りを果たした本作が、この夏、ついに6年目を迎えることになりました!  東山紀之演じる天樹悠を中心に、個性あふれる刑事たちが、時代とともに複雑化する超凶悪犯罪や難解な未解決事件に挑む人気ドラマが、この夏、さらに進化して帰ってきます。  天樹悠をはじめ、海老沢芳樹(田辺誠一)、水田環(倉科カナ)、野々村拓海(白洲迅)、青山新(塚本高史)、片桐正敏(吉田鋼太郎)、そして法医学の権威・堂本俊太郎(北大路欣也)ら専従捜査班のメンバーはもちろん健在。本作でも引き続き、己の正義をまっとうして難事件に挑みます。  巧妙に仕組まれた犯罪はもちろん、その犯罪の裏に潜む人間の弱さや複雑な心理までも丁寧に描き出す骨太な人間ドラマとしても定評のある本作が、さらに円熟味を増してパワーアップ!  6年目を迎えた新生『刑事7人』に、どうぞご期待ください。 〈資料係〉と〈刑事〉の二刀流は健在! “人間犯罪ビッグデータ”が難事件に挑む さらに専従捜査班一人ひとりにスポットを当てた人間ドラマとしての魅力も強化!  天樹と拓海、班長の片桐が所属する「刑事資料係」は、捜査資料を保管・維持・管理する、いわば警視庁内の巨大なデータバンク。刑事たちから依頼された捜査資料の貸し出しや、資料整理を行うのが本来の業務です。その業務の傍ら、膨大な資料を読み込み、“人間犯罪ビッグデータ”となった天樹は、事件が起きると、海老沢、環、拓海、青山、片桐、堂本らと協力、「専従捜査班」として独自の捜査を行います。年々強まっているメンバーのチームワークにも、どうぞご注目ください!  また、犯罪者の心理や手口、犯罪傾向など、資料を読み込んで得た知識を武器にした“資料係”と“刑事”の二刀流は健在! 組織の論理にとらわれず、独自の判断で自由に捜査を行い、超凶悪犯罪を徹底的に捜査します。  また、単に事件解決までを描くだけの刑事ドラマではなく、本作では登場人物一人ひとりにスポットを当て、人間ドラマの側面も併せもった重層的な作品を目指します。  さらに、本作では捜査資料が盗まれるという前代未聞の事件が発生! シーズンを通して、資料係ならではといえる、この事件の真相を追う7人の活躍も大きな見どころとなっています。 盗まれた捜査資料(ゼロA)の謎…シリーズを通して描く不可解な事件の真相とは!?  警視庁内にある捜査資料の完全データ化に伴い、過去の資料を倉庫に移送する途中で何者かに襲撃され、ダンボール箱が一つ盗まれるという前代未聞の事件が発生!  不可解なことに、そのダンボールに入っていたのは「0(ゼロ)A」と呼ばれる、データ化の必要すらないような解決済みの事件や事件性のない資料ばかり…。なぜ移送トラックを襲撃するというリスクを冒してまでゼロAを盗む必要があったのか…。襲撃犯の目的がまったく見えない中、盗まれた資料に関連する事件が次々と発生! 謎はどんどん深まっていきます。  これまでのシリーズ同様に一話完結の形を取りつつ、本作ではシリーズを通して盗まれた捜査資料の謎も描いていきます。はたして、犯人の目的は――?  それぞれの熱い<正義>を胸に、超凶悪犯罪や未解決事件、そして盗まれた捜査資料の謎に挑む7人の活躍に、どうぞご期待ください。

『刑事7人 第6シリーズ』の主題歌

『刑事7人 第6シリーズ』の主題歌は、『【主題歌アーティスト名】』の『【主題歌曲名】』です。

『刑事7人 第6シリーズ』のキャスト

東山紀之/田辺誠一/倉科カナ/白洲迅/塚本高史/吉田鋼太郎/北大路欣也

『刑事7人 第6シリーズ』のスタッフ

脚本:吉本昌弘、吉原れい、吉高寿男、保木本真也 ほか

監督:兼﨑涼介、塚本連平、安養寺工、大山晃一郎 ほか

音楽:奈良悠樹

エグゼクティブプロデューサー:内山聖子

ゼネラルプロデューサー:三輪祐見子

プロデューサー: 山川秀樹、貴島彩理、和佐野健一、 井元隆佑

『刑事7人 第6シリーズ』第1話

放送日

サブタイトル

視聴率(%)

  2020年8月5日 変わる時代に、守るべき笑顔がある
ー最強の7人が帰ってくる!
13.5%

警視庁内の資料を完全データ化することになり、紙の資料は倉庫で一元管理することが決まった。倉庫への移送に同行することになったのは、資料係と専従捜査班の刑事を兼務する野々村拓海(白洲迅)。拓海は庶務係の加山一彦(笠原秀幸)、河本春夫(難波圭一)とともにトラックに乗り込み、倉庫に向けて出発する。  走行中、路上で倒れている男を発見し、トラックが急停車。心配した拓海が急いで駆け寄ると、倒れていた男が突然起き上がり、催涙スプレーを浴びせる。さらに突然現れたもうひとりの男に、加山と河本も襲われ…。催涙スプレーの男がおもむろに取り出した拳銃で河本が被弾する。  資料係長兼専従捜査班長の片桐正敏(吉田鋼太郎)の指揮で、天樹悠(東山紀之)、海老沢芳樹(田辺誠一)、水田環(倉科カナ)、青山新(塚本高史)ら専従捜査班のメンバーが、移送トラック襲撃現場に臨場。その後、雇い主にトラックを引き渡そうとしていた犯人がいともあっさり逮捕されるのだが、インターネットで雇われただけで詳しいことは知らないまま襲撃に及んだということが判明する。  一方、トラックを調べていた天樹は、資料が1箱だけ盗まれていることに気づく。しかも、その資料は「0(ゼロ)A」と呼ばれる、データ化の必要のない解決済みの事件や事件性のない事故事案ばかり。また、トラックの側面には白い塗料で謎の数字が書き殴られていて…。  そんな中、専従捜査班は法務大臣・高木慎一郎(金子昇)の息子が誘拐された事件を極秘捜査することに。現場に残されていたランドセルに、トラックと同じ塗料で別の数字が書かれていたことで、関連性が疑われたのだ。また、母親のもとには「真実は一つだ」という電話がかかってきて…。  捜査を進めるうちに、天樹は高木が検察官時代に担当した事件の資料が「ゼロA」に入っていたことに気づく。犯人からの連絡に高木や専従捜査班が振り回される中、当時の事件の関係者が遺体で発見される。その遺体の解剖を担当した法医学教授・堂本俊太郎(北大路欣也)は、「犯人の強い恨みを感じる」と天樹に告げる。  さらに、専従捜査班をあざ笑うかのように新たな誘拐事件が発生。現場に残されていた自転車には同じ塗料で別の数字が書かれていて…。  現場に残された数字の意味は…? すべての事件は「ゼロA」に関連するのか…?  専従捜査班が時間をさかのぼって事件の真相を追う――!

2話目以降はここをクリック!

第2話

放送日

サブタイトル

視聴率(%)

2020年8月12日

3連続誘拐殺人のヒミツ
ー鉄壁のアリバイと復讐
11.6%

法務大臣・高木慎一郎(金子昇)の隠し子、教育委員会の元教育長・小林孝之(不破万作)の孫の誘拐事件が解決しないまま、3件目の誘拐事件が発生する。さらわれたのは、過去に殺人事件の被疑者の精神鑑定を手掛けていた大学教授・木下幸二(藤田宗久)の孫。しかし、今回の現場には、前2件のように白い塗料で書き殴られた不可解な数字は残されていなかった…。  一方、殺害された小林の解剖を手掛けた法医学教授・堂本俊太郎(北大路欣也)は、胃の中からプラスチック容器に入った黒い紙を発見。そこには白いペンで数字が書かれていた。専従捜査班の天樹悠(東山紀之)らは、この数字が木下の孫を誘拐する犯行予告だったのか…!?と、首を傾げる。  2件の誘拐事件を調べると、過去に高木と小林が保身のために冤罪をでっち上げ、真相を闇に葬っていたという事実が判明。その事件の真相を公にし、真犯人を粛清する殺人事件が続いていたため、木下が過去に精神鑑定を担当した事件にも隠された真実があるのではないか…と考えた天樹は、1件の裁判記録を入手する。これは、3年前、帰宅途中の女性・本条美和(花奈澪)が廃墟に連れ込まれ殺害された通り魔事件の記録で、それによると、木下が行った精神鑑定が採用され、被告人・村上雅人(平田雄也)が無罪になっていた。しかも、その日にちは小林の胃から出てきた数字だった――!  一連の犯行は、遺族による復讐ではないかとにらむ水田環(倉科カナ)と青山新(塚本高史)は、通り魔事件の被害者の父・本条健一(正名僕蔵)のもとへ。しかし、前2件の被害者遺族・原田國広(阿南健治)、大河内貞夫(升毅)と同様、本条にも鉄壁のアリバイがあった…。

第3話

放送日

サブタイトル

視聴率(%)

2020年8月19

消えた女スパイ!
7人の潜入捜査と恐怖のXデー

 偽造パスポートを所持した男の遺体が見つかった。天樹悠(東山紀之)ら専従捜査班の調べにより、男の本名が山田和彦(酒井貴浩)で、殺害前日に複数国を経由してリオデジャネイロに行く航空券を購入していたことがわかる。その複雑な経路に加え、年間20回以上もの渡航歴などから、山田は密輸組織に関係していて、高飛びしようとしていたのではないか、という疑惑が浮上する。
野々村拓海(白洲迅)とともに、山田の勤務先であるバイオマス発電の研究所に向かった天樹は、そこで目にした集合写真の日付に引っかかる。捜査資料「ゼロA」が強奪されたトラックに書き殴られていた数字「18820」だったのだ――! さらに、その写真に写っている女性に見覚えがある天樹…。研究所の所長・中西由紀夫(冨家規政)から、その女性は研究所を支援しているNPO法人「WIND」の秘書・田中玲子だと教えられるが、その後記憶をたどった天樹は、3年前に退官した所轄の刑事・室井沙織(佐藤寛子)と断言。退官2日後に田中玲子と名前を変え、「WIND」に入社していることや、その後突然行われ失敗に終わった研究所への家宅捜索は、公安の任務で潜入捜査した沙織が入手した情報によるものではないかと考えた天樹は、それならば自分たちが表立って動くと任務に影響が出るかもしれない…と危惧する。
正面突破できないのなら裏から…水田環(倉科カナ)の提案で、研究所に青山新(塚本高史)が、「WIND」に環が、そして研究所に出入りのある海運会社に拓海が潜入することに!
「WIND」に潜入した環は、沙織がフランス支局長を務めているという情報を入手。さらに、代表・釜本久志(篠井英介)の部屋に盗聴器を設置しようと試みるが、疑いの目を向けられてしまう。また、青山は研究所に突然立ち入り禁止エリアができたことに疑問を感じ…?
一方、沙織の実家を訪れた天樹、入国管理局に問い合わせた海老沢芳樹(田辺誠一)の調べにより、沙織が出国した記録はなく、研究所への家宅捜索と時を同じくして母への連絡も途絶えていることが判明する。姿を消した沙織、失敗に終わった家宅捜索――環らが潜入捜査を続ける中で、沙織が「WIND」に寝返り、山田の殺害にも関与している可能性が浮上するが…?
そんな折、拓海が潜入中の海運会社が研究所に発電の材料を届ける日に、「WIND」の釜本も視察に訪れることが発覚。関係者が一堂に会することを知った天樹らは、その日にある仕掛けをすることを決意する。沙織の行方、何かを企てている研究所と「WIND」の真の狙いとは…? そして危険な潜入捜査を続ける専従捜査班の運命は――?

第4話

放送日

サブタイトル

視聴率(%)

XXXX年XX月XX

あらすじ

第5話

放送日

サブタイトル

視聴率(%)

XXXX年XX月XX

あらすじ

第6話

放送日

サブタイトル

視聴率(%)

XXXX年XX月XX

あらすじ

第7話

放送日

サブタイトル

視聴率(%)

XXXX年XX月XX

あらすじ

まとめ

『刑事7人 第6シリーズ』の無料視聴方法にはTELASAがおすすめです。
おすすめの記事