刑事7人(シーズン3)の動画を1話2話3話~最終回まで無料視聴|Pandora(パンドラ)も調査

この記事では、テレ朝で2017年放送のドラマ『刑事7人 シーズン3』を全話無料視聴する方法を説明します。


7人刑事第3シーズンとなり、物語はミステリアスな方向へと進んでいきます。今回も豪華キャストによる刑事物語となります。

結論として、『TSUTAYA DISCAS』の宅配レンタルなら『刑事7人 シーズン3』を全話無料視聴できます!ネット配信はありませんでした。
tsutaya discas
TSUTAYA DISCASで無料レンタル
30日間のお試し期間中に解約すれば0円!

『刑事7人 シーズン3』を無料視聴できるネット配信はありませんでした。

○…見放題配信 △…有料配信 ×…配信なし

配信
サービス(リンク)
配信
状況
無料
お試し期間
月額費
(税抜)
Hulu × 2週間 933円
U-NEXT × 31日間
1,990円
dTV × 31日間 500円
Paravi × 2週間 925円
FODプレミアム × 2週間 888円
NETFLIX × なし 800円〜
Amazon prime video × 30日間 455円
TELASA × 30日間 562円

※調査結果は記事執筆時点の情報

 

【DVD】『刑事7人 シーズン3』の無料宅配レンタル

『刑事7人 シーズン3』はTSUTAYA DISCASのお試し期間で全話無料レンタル可能です。

TSUTAYA DISCAS

月額料金 2,417円(税抜)
無料お試し期間 30日間
特徴
  • ネット配信制限のあるジャニーズ出演作やジブリも楽しめる
  • DVDが自宅に届く。返却はポスト投函。返却期限なし。
  • TSUTAYA TV(ネット配信)も利用可
  • DVD月8本+旧作DVD借り放題

全10話前後のドラマはDVD4〜6本ですので、お試し期間で全話無料レンタルできます!

Pandora・Dailymotion・Youtubeの動画

『刑事7人 シーズン3』のフル動画は上記サイトにはありませんでした。
違法アップ動画のリスクと欠点
  • 低画質・低音質(音ズレ)
  • 全話そろっていない
  • 偽広告によるウイルス感染やフィッシング詐欺

 

詐欺広告

TSUTAYA DISCASの無料お試しで『刑事7人 シーズン3』の良質な動画を見られますので、リスクを犯して低品質な動画を探す必要もないと思いますよ。

『刑事7人 第3シリーズ』のあらすじ・主題歌・キャスト

『刑事7人 第3シリーズ』のあらすじ

警視庁で政治的手腕を発揮する片桐正敏(吉田鋼太郎)が室長となり、犯罪が激増する東京臨海エリアを専従捜査する“最強の別動隊”=「第11方面本部準備室」が発足。「警視庁機動捜査隊」の刑事・天樹悠(東山紀之)をはじめ、「警視庁捜査一課12係」に所属する沙村康介(髙嶋政宏)・水田環(倉科カナ)・青山新(塚本高史)、「未来犯罪予測センター」の山下巧(片岡愛之助)、法医学教室教授・堂本俊太郎(北大路欣也)が集められ、有能な精鋭7人が再びひとつになる。
そんな中、臨海エリアの倉庫で銃声が聞こえた後、4人の遺体が見つかった。大きなバッグを背に、現場からバイクで立ち去る人物を目撃した天樹は追跡を開始。だが、猛追もむなしく見失ってしまう。
まもなく被害者は2人が化学工業の社員、1人が清掃会社の社員、もう1人が弁当業者だと判明する。4人ともなぜか銃で撃たれた跡はなく、棒状の凶器で致命的な打撃を受けて絶命。うち2人は下半身への打撃という、珍しい攻撃を受けていた。逃走した被疑者が初動捜査の緊急手配パターンを知り尽くしているかのような逃走ルートを取っていたこともあり、第11方面本部準備室の面々は元機動捜査隊の人間による犯行ではないか、と推理。退官者の中から怪しい人間を絞り出す。その中には天樹とかつてバディを組んでいた先輩・桜田春樹(横田栄司)の名前もあった!
桜田が犯人だとしたら、犯行動機は一体何なのか。そもそも、被害者の4人は倉庫で何をしていたのか…。天樹は行方をくらましている桜田を必死に捜索し、ようやく居場所を突き止める。ところが、桜田は天樹に“謎の言葉”を残し、再び姿を消してしまい…。
その翌日、天樹にとっても桜田にとっても“最悪の事態”が発生! 桜田が残した言葉が、天樹の心にぬぐい去ることのできない大きな影を落とし…!?

前回の第2シリーズで仲間の1人が事件に巻き込まれ殉職し、バラバラになった仲間たちがまた集結し新たな物語へと進んでいきます。

『刑事7人 第3シリーズ』の主題歌

刑事7人 シーズン3の主題歌はなく、BGMのみです

『刑事7人 第3シリーズ』のキャスト

天樹悠 … 東山紀之
沙村康介 …  髙嶋政宏
山下巧 …  片岡愛之助
水田環 …  倉科カナ

青山新 … 塚本高史
片桐正敏 … 吉田鋼太郎
堂本俊太郎 … 北大路欣也

前回で殉職した永沢役さん鈴木浩介さんは出演されていませんが、相変わらずの豪華メンバーでの出演作品です。

「刑事7人 第3シリーズ(2017)」の放送日・タイトル・視聴率

第1話

放送日

サブタイトル

視聴率(%)

2017年7月12日

開戦 11.8

第2話

放送日

サブタイトル

視聴率(%)

2017年7月19日

最愛 12.1

第3話

放送日

サブタイトル

視聴率(%)

2017年7月26日

慈愛 12.7

第4話

放送日

サブタイトル

視聴率(%)

2017年8月2日

死味 10.9

第5話

放送日

サブタイトル

視聴率(%)

2017年8月9日

追想 10.2

第6話

放送日

サブタイトル

視聴率(%)

2017年8月16日

家路 13.0

第7話

放送日

サブタイトル

視聴率(%)

2017年8月23日

因縁 13.0

第8話

放送日

サブタイトル

視聴率(%)

2017年8月30日

悪女 10.7

第9話

放送日

サブタイトル

視聴率(%)

2017年9月6日

血戦 10.1

最終回

放送日

サブタイトル

視聴率(%)

2017年9月13日

正義 12.6

『刑事7人 Season3(2017)』の感想(ネタバレ注意)

感想はここをクリック!

50代男性
なんと12係メンバーの山下(片岡愛之助)が黒幕となり、犯罪に手を染めてしまうという衝撃的なシーズンです。どこが間違った正義に溺れる山下の姿は、どこか耽美的で破滅的です。自裁しようとして天樹(東山紀之)に阻まれますが、それもまた山下らしい感じがします。また山下の一件でバラバラに解体される12係ですが、それに伴い、熱血漢である沙村(高嶋政広)がレギュラー登場する最後のシーズンとなりました。あの暑苦しいくらいの男臭さが無くなくなるのは寂しいですね。

40代女性
東山紀之さん主演の「刑事7人」。シーズン3は吉田鋼太郎さん演じる片桐が新たに発足された部署に以前のメンバーたちと配属される感じだったので最強さは相変わらずなチームでした。ただそれぞれの正義感が強くなる一方、闇も大きくなって来ている感じがしました。しかもラストは警察内部に敵がいて誰が怪しいとか考えながら見てしまいました。天樹の過去の事件の真相も明らかになったのでそこも見応えがありました。また2シーズンで殉職した刑事の弔い合戦のエピソードなどもあって懐かしさもありました。過去に絡んでいる人物が多そうなのでこういうのもありかもと思いました。

30代男性
各話でそれぞれシリアスな場面が多くて過去のシーズン作品に比べて重たさがより漂っている感じがあって刑事ドラマらしい雰囲気が醸し出されていました。第5話が特に印象に残っていて、追想というタイトルにふさわしいところがあり天樹が路上での刺殺事件から巡りめぐる中で連続発泡事件のことを考え始めてしまったり思いをめぐらしてしまう場面が何とも切なくなる、捜査たるものの気持ちが溢れ出ている雰囲気があって凄みみたいなものがありました。

20代男性
このシーズンのキーパーソンはやはり山本學さん演じる馬久根で、あんな優しそうな方が悪役の演技をされていてとても演技がお上手だなと思いました。この馬久根は室長片桐の因縁の相手とわかったときは驚きました。しかし、このシーズンで一番ショックだったのが最終回で、だいたいそんな気はしていたのですが黒幕の片岡愛之助さん演じる刑事の一人の山下が自ら自殺したことは、やはり悲しかったです。死んでしまうぐらいなら罪を認めて捕まって欲しいものです。そして、いつも天樹さんの組織は解体させられるっていうのが毎シーズンのオチでもあって続きが気になるドラマです。

40代男性
このシーズン3では、天樹悠や片桐正敏たちが巨悪の根源・馬久根を相手に捜査を進めて対決するというメインの軸があり、個々の事件の伏線としてこの馬久根の事件が併行して展開されるのが面白かったです。このシーズン3は他のシーズン以上に深刻な面やある種のダークサイドも見られ、最も重みのあるストーリー展開だと感じました。また、ラストはすごくショックな展開で、仲間である山下巧が、自らの正義感が暴走して犯罪者となってしまうというシーンにショックを隠せなく、面白かった半面、ハッピーエンドではない点から、当時、スッキリ完結できるように続編が見たいとまで思いました。

20代男性
ついにこの刑事7人シリーズもシーズン3にまで来たのかと思うとかなり感慨深いですね。いつも東山さんの演技には驚かされてばかりなのですが、今回の第3シリーズでは特に際立って素晴らしいと思いました。なぜかというと、今までにないほど強大な敵が登場したからですかね。強大な組織を相手にすればするほど彼ら7人の刑事は燃えるかのような感じでしたから、事件に立ち向かっていく感じがカッコ良かったし、刑事という職業を好きになりました。

30代男性
ドラマ「刑事7人 シーズン3」は一度配属されたらどんなに手柄をあげても抜け出せない墓場のような部署警視庁捜査一課12係。東山紀之の刑事役も本当に似合っていて風格すらあります。ドラマを通して正義とは何か、本当の敵はなにかクライマックスははらはらドキドキしました。刑事ドラマは閉塞的でどこかつかみにくいところがありますが、全体を通して非常にわかりやすかったですし、うまく東山紀之のよさも引き出していました。

まとめ

『刑事7人 シーズン3』の無料視聴にはTSUTAYA DISCASがおすすめです。
おすすめの記事