Mの悲劇(稲垣吾郎主演ドラマ)の動画を1話~最終回まで無料視聴|PandoraやDailymotion情報も
この記事では、TBSで2005年放送のドラマ『Mの悲劇』を全話無料視聴する方法を説明します。


稲垣吾郎さんが主演を務めたミステリードラマ。幸せの絶頂にいた会社員が、彼に恨みを持つ女性からの復讐により不幸に突き落とされていきます。二人の過去に何があったのか、衝撃的な展開に最後までドキドキが止まりません。

結論として、『TSUTAYA DISCAS』の宅配レンタルなら『Mの悲劇』を全話無料視聴できます!ネット配信はありませんでした。
TSUTAYA DISCAS
TSUTAYA DISCAS 公式サイト
30日間のお試し期間中に解約すれば0円!

『Mの悲劇』の動画配信状況

残念ながら『Mの悲劇』を無料視聴できるネット配信はありませんでした。

○…見放題配信 △…有料配信 ×…配信なし

配信
サービス(リンク)
配信
状況
無料
お試し期間
月額費
(税抜)
Hulu × 2週間 933円
U-NEXT × 31日間
1,990円
dTV × 31日間 500円
Paravi × 2週間 925円
FODプレミアム × 2週間 888円
NETFLIX × なし 800円〜
Amazon prime video × 30日間 455円
TELASA × 30日間 562円

※調査結果は記事執筆時点の情報

お試し期間中に解約すれば0円!

【DVD】『Mの悲劇』の無料宅配レンタル

『Mの悲劇』はTSUTAYA DISCASのお試し期間で全話無料レンタル可能です。

TSUTAYA DISCAS

公式サイト TSUTAYA DISCAS 公式サイト
月額料金 2,417円(税抜)
無料お試し期間 30日間
特徴
  • ネット配信制限のあるジャニーズ出演作やジブリも楽しめる
  • DVDが自宅に届く、返却はポスト投函、返却期限なしでラクチン
  • TSUTAYA TV(動画配信)も利用可(毎月1,100pt付与)
  • DVD月8本+旧作DVD借り放題

全10話前後のドラマはDVD4〜6本ですので、お試し期間で全話無料レンタルできます!

<TSUTAYA DISCASユーザーの声>

30代女性
ネット配信されていない作品を見たかったので登録しました。宅配レンタルだけでなくツタヤTVというネット配信サービスもセットです。それが30日間のお試し期間中はタダなのがすごい良心的だなと思います。無料お試し登録でもツタヤTVポイントを1,100ptももらえるので、期間中に両方使い倒してみて、継続判断するのがおすすめです。
お試し期間中に解約すれば0円!

Pandora(パンドラ)・Dailymotion(デイリーモーション)・Youtube(ユーチューブ)の動画

『Mの悲劇』のフル動画は上記サイトにはありませんでした。
違法アップ動画のリスクと欠点
  • 低画質・低音質(音ズレ)
  • 全話そろっていない
  • 偽広告によるウイルス感染やフィッシング詐欺

 

詐欺広告

TSUTAYA DISCASの無料お試しで『Mの悲劇』の良質なフル動画を見られますので、リスクを犯して低品質な動画を探す必要もないと思いますよ。

『Mの悲劇』のあらすじ・主題歌・キャスト

『Mの悲劇』のあらすじ

順風満帆だった男の人生が、ひとりの女との出会いで狂いだす。人一倍慎重で、危機回避することこそが幸せだと考える衛(稲垣吾郎)は、警備保障会社に就職。仕事ぶりが評価され、専務の島谷(伊武雅刀)の娘・有紀(岡本綾)との婚約も決まり、幸福の絶頂にいた。そんな折、重要な商談があり、渋滞を心配した衛は電車で取引先へ。だが、車内でトラブルに遭遇し、現場に居合わせた女(長谷川京子)に犯人扱いされて留置場へ送られてしまう。翌日釈放された衛は、商談に行けなかった理由をウソで取りつくろう。

全体的に重厚感があり、人間の闇や本質を掘り下げたストーリーなので、非常に見応えがある作品です。自分も何気ないことで誰かを傷つけてしまっているのではと、考えさせられた方も多かったようです。

『Mの悲劇』の主題歌

『Mの悲劇』の主題歌は、『Sister Q』の『Night and Day』です。

ミュージカル「陽気な離婚」で有名な楽曲「夜も昼も」を日本語詞でカバーした曲です。艶っぽいメロディに軽やかな歌声が、妖艶な美沙のイメージと重なってストーリーに深みを持たせています。

『Mの悲劇』のキャスト

稲垣吾郎 、 長谷川京子 、 佐々木蔵之介 、 岡本綾 、 吉岡美穂 、 柏原収史 、 大西信満 、 浅見れいな 、 井澤健 、 佐藤二朗、成宮寛貴

長谷川さんのミステリアスで妖しい魅力を放つ役柄が素晴らしく、思わず引き込まれてしまいます。そんな女性にどんどん追い込まれていく稲垣さんが、見ていて可哀想に感じました。

『Mの悲劇』第1話の放送日・タイトル・視聴率

放送日

サブタイトル

視聴率(%)

2005年1月16日

なぜ僕を狙う、君は誰だ 14.0
2話目以降はここをクリック!

第2話の放送日・タイトル・視聴率

放送日

サブタイトル

視聴率(%)

2005年1月23日

もうひとりの婚約者 11.1

第3話の放送日・タイトル・視聴率

放送日

サブタイトル

視聴率(%)

2005年1月30日

せつない復讐の理由 13.0

第4話の放送日・タイトル・視聴率

放送日

サブタイトル

視聴率(%)

2005年2月6日

彼の犯した罪の全貌 11.9

第5話の放送日・タイトル・視聴率

放送日

サブタイトル

視聴率(%)

2005年2月13日

誘拐 11.4

第6話の放送日・タイトル・視聴率

放送日

サブタイトル

視聴率(%)

2005年2月20日

追いつめられた二人 12.0

第7話の放送日・タイトル・視聴率

放送日

サブタイトル

視聴率(%)

2005年2月27日

裏切り者が動き出す 11.5

第8話の放送日・タイトル・視聴率

放送日

サブタイトル

視聴率(%)

2005年3月6日

驚くべき犯人の素顔 14.0

第9話の放送日・タイトル・視聴率

放送日

サブタイトル

視聴率(%)

2005年3月13日

迫り来る記憶の狂気 13.8

最終回(第10話)の放送日・タイトル・視聴率

放送日

サブタイトル

視聴率(%)

2005年3月20日

ぼくは君のそばに 12.8

『Mの悲劇』の感想(ネタバレ注意)

30代女性
一人の女性との出会いにより、真面目な男性の人生が大きく変わっている様子が見ごたえのある作品です。相原美沙役の長谷川京子さんはミステリアスな雰囲気が美沙役にぴったりで、美しさの中にある狂気的な部分に魅了されました。テンポ良く展開していくストーリーは見やすくて、ハラハラするような衝撃的な展開に引き込まれました。自分の気づかないうちに誰かを傷つけている可能性は誰にでもありえるので、自分自身も気を付けなければ思わされた作品です。

20代女性
謎に満ちた事件に巻き込まれていく稲垣吾郎さんが絶妙に可哀想で、いつものオーラを消して翻弄される主人公を演じていたのがとても魅力的でした。犯人役にあたる長谷川京子さんもとにかく綺麗で、他にも成宮寛貴さんや佐々木蔵之介さん、吉岡美穂さんなど、タイプの異なる美男美女が次々に出てくるので目が忙しかったです。ストーリーやドラマ全体の演出は結構怖いところも多くて、毎回「気になるけど怖い!」と思いながら観ていました。

40代女性
とても楽しく見ていたので、最終回がちょっと疑問に感じる終わり方だったことが少し残念に思いました。もう少しスッキリしたかったですね。でもやっぱりサスペンスドラマはとても面白いなと思いました。犯人は誰なのかとか、色々と考えることが多くて見ていて飽きません。主人公の稲垣吾郎さん、長谷川京子さん、佐々木蔵之介さんの演技は素晴らしかったです。ハラハラドキドキがすごく伝わってきました。たった一人の女性によって今までの人生が変わってしまうってすごく恐怖だなぁと思いました。

20代男性
このドラマはサスペンス要素が強いわりには過激なシーンが少ないので見やすいのが良かったです。対人関係の中で生まれる無自覚な憎しみというテーマも深くて、このドラマを見ていると自分も無意識のうちに誰かの恨みをかってしまっているのではないだろうかと、自分の過去を思わず振り返りたくなります。演技の点でいえば一番輝いていたのが長谷川京子さんで、彼女はミステリアスで掴み所がない雰囲気を持ちつつ、気がついたら近くの男を魅了してしまうという役柄を見事に演じていました。

30代女性
このドラマはサスペンス要素があり、毎週続きが気になってしまい、早く続きが見たくなるようなドラマでした。長谷川京子さん演じる相原美沙がとにかく謎の女性で、しかもとても美しく、その魅力にまんまと引き込まれてしまいました。稲垣吾郎さん演じる安藤衛が追い込まれていく感じがとても可哀想で、どうしてこんなことになってしまったんだと思いました。誰もが知らないうちに人を傷つけている可能性があるのかもしれないと思わせるようなドラマでした。

20代女性
長谷川京子さんがとても妖艶で色気があって、でも魔性で怖くて…とても素晴らしかったです。サスペンスドラマ特有のドキドキ、ハラハラも味わえるし、人間の闇や法律について知る事が出来る作品でした。こんな女性に出会ったら誰でも奈落に突き落とされてしまうだろうな…と思いました。主人公の稲垣さんや同僚の佐々木さんなど、登場人物が豪華なので見ごたえあります。原作はドラマと少し異なるようなので、いつか読んでみたいですね。

40代男性
とても重くて苦しい深みのあるサスペンスドラマです。久しぶりに内容の濃い作品を見た感じがします。あらためて人の怖さを知った感じがします。誰でも加害者、被害者になる可能性があるので、他人ごとではないと思いました。人間の本質を上手く描いていて、自分だったらどうする?と考えさせられる場面が多かったです。恋愛や事故などの展開に逃げることなく、終始ストーリーに魅せられた良作だと思います。キャストの演技も光った作品なので、そちらも見どころです。
お試し期間中に解約すれば0円!

「Mの悲劇」の関連ドラマ動画

稲垣吾郎さん出演作品

稲垣吾郎さんといえばクールでこだわりが強いイメージで、特にドラマ「ソムリエ」で見せた一癖あるソムリエ役は見事なはまり役でした。

ソムリエの出演に向けては欧州にワインの勉強にいったそうで、そこからはドラマに対する並々ならぬ情熱が感じられます。

また、「ブスの瞳に恋してる」ではラブコメディにも出演され、稲垣吾郎さんが新たな一面を開拓した作品となり、大変話題になりました。

最近は映画への出演に力を入れているようで、手塚治虫さんのマンガが原作の「ばるぼら」での演技は注目されています。ぜひまたドラマでも稲垣吾郎さんの素晴らしい演技を見てみたいですね♪

作品名 放送年 放送局
ソムリエ 1998年 フジテレビ
ヨイショの男 2002年 TBS
Mの悲劇 2005年 TBS
ブスの瞳に恋してる 2006年 フジテレビ
佐々木夫妻の仁義なき戦い 2008年 TBS
流れ星 2010年 フジテレビ
ブルドクター 2011年 日テレ
ハングリー! 2012年 フジテレビ
心療中-in the Room- 2013年 日テレ
TAKE FIVE 俺たちは愛を盗めるか? 2013年 TBS
不機嫌な果実 2016年 テレ朝

稲垣吾郎さん出演ドラマのおすすめランキングはこちら

お試し期間中に解約すれば0円!

まとめ

『Mの悲劇』の無料視聴にはTSUTAYA DISCASがおすすめです。
おすすめの記事