薔薇のない花屋の動画を1話から無料視聴|DVDやPandora情報も調査

この記事では、フジテレビで2008年放送のドラマ『薔薇のない花屋』を全話無料視聴する方法を説明します。


花屋を営む汐見英治と娘の雫との親子愛に加えて、サスペンス要素も含まれたヒューマンラブストーリーです。

結論として、『TSUTAYA DISCAS』の宅配レンタルなら『薔薇のない花屋』を全話無料視聴できます!ネット配信はありませんでした。
tsutaya discas
TSUTAYA DISCASで無料レンタル
30日間のお試し期間中に解約すれば0円!

『薔薇のない花屋』を無料視聴できるネット配信はありませんでした。

○…見放題配信 △…有料配信 ×…配信なし

配信
サービス(リンク)
配信
状況
無料
お試し期間
月額費
(税抜)
Hulu × 2週間 933円
U-NEXT × 31日間
1,990円
dTV × 31日間 500円
Paravi × 2週間 925円
FODプレミアム × 2週間 888円
NETFLIX × なし 800円〜
Amazon prime video × 30日間 455円
TELASA × 30日間 562円

※調査結果は記事執筆時点の情報

 

【DVD】『薔薇のない花屋』の無料宅配レンタル

『薔薇のない花屋』はTSUTAYA DISCASのお試し期間で全話無料レンタル可能です。

TSUTAYA DISCAS

月額料金 2,417円(税抜)
無料お試し期間 30日間
特徴
  • ネット配信制限のあるジャニーズ出演作やジブリも楽しめる
  • DVDが自宅に届く。返却はポスト投函。返却期限なし。
  • TSUTAYA TV(ネット配信)も利用可
  • DVD月8本+旧作DVD借り放題

全10話前後のドラマはDVD4〜6本ですので、お試し期間で全話無料レンタルできます!

Pandora・Dailymotion・Youtubeの動画

『薔薇のない花屋』のフル動画は上記サイトにはありませんでした。
違法アップ動画のリスクと欠点
  • 低画質・低音質(音ズレ)
  • 全話そろっていない
  • 偽広告によるウイルス感染やフィッシング詐欺

 

詐欺広告

TSUTAYA DISCASの無料お試しで『薔薇のない花屋』の高品質フル動画を見ましょう。

『薔薇のない花屋』のあらすじ・主題歌・キャスト

『薔薇のない花屋』のあらすじ

英治は8歳の娘・雫を育てながら小さな花屋を経営。最近、なぜかずきんをかぶり始めた雫の行動に悩んでいた。そんなある雨の日、彼は店の前で雨宿りをする盲目の女性・美桜と出会う。歯に衣着せぬ言葉をぶつけてくる彼女に心揺さぶられる英治。後日、美桜は再びやってきて、いつの間にか雫と仲良くなっていた。

不穏な空気が流れるちょっと謎めいた展開でしたが、やさしい愛で包まれる不思議なドラマでした。

『薔薇のない花屋』の主題歌

『薔薇のない花屋』の主題歌は、『山下達郎』の『ずっと一緒さ』です。

山下達郎さんらしいやさしいバラード曲で、奥深い歌詞とシンプルなメロディーが心に染みわたります。

『薔薇のない花屋』のキャスト

汐見英治:香取慎吾
白戸美桜:竹内結子
汐見雫:八木優希

小野優貴:釈由美子
工藤直哉:松田翔太
彼女:本仮屋ユイカ

英治の娘役である雫ちゃんの演技が素晴らしかったです。切なさと残酷さが漂うストーリーの中で、その純粋無垢な姿に釘付けになりました。

「薔薇のない花屋」の放送日・タイトル・視聴率

第1話

放送日

サブタイトル

視聴率(%)

2008年1月14日

北風と太陽 22.4

第2話

放送日

サブタイトル

視聴率(%)

2008年1月21日

花のように笑う人 19.0

第3話

放送日

サブタイトル

視聴率(%)

2008年1月28日

終電までに探して 18.4

第4話

放送日

サブタイトル

視聴率(%)

2008年2月4日

明かされた過去〜3万人の子供たちへ 17.2

第5話

放送日

サブタイトル

視聴率(%)

2008年2月11日

世界一長い告白! 17.7

第6話

放送日

サブタイトル

視聴率(%)

2008年2月18日

暴かれていく秘密 16.2

第7話

放送日

サブタイトル

視聴率(%)

2008年2月25日

親が子供を叩く時 16.5

第8話

放送日

サブタイトル

視聴率(%)

2008年3月3日

さよなら父ちゃん 17.8

第9話

放送日

サブタイトル

視聴率(%)

2008年3月10日

衝撃!全ての真実 17.7

第10話

放送日

サブタイトル

視聴率(%)

2008年3月17日

愛を取り戻すため 19.4

最終回(11話)

放送日

サブタイトル

視聴率(%)

2008年3月24日

薔薇を売る花屋〜涙の一滴(しずく)… 22.1

『薔薇のない花屋』の感想(ネタバレ注意)

感想はここをクリック!

30代男性
花というだけあって一見華やかな印象が冒頭からはありましたが中身はけっこう残酷な人間模様の情景が感じられるサスペンス系のストーリーになっていてちょっと切なくなりました。盲目を演じる竹内結子さんの演技は相変わらず独特のしつこさのある雰囲気があり個人的には好きな演出になっていたので良かったです。あまり香取慎吾さんてこういった作品のイメージがなく明るい作品によく登場されるので意外性のあるテイストがあって楽しく観れました。

50代男性
香取慎吾主演のドラマで、香取慎吾が小学校2年生の娘を抱える気の優しい父親役「英治」を演じていたことがよかった。その英治を陥れようとする医師の役が三浦友和さんだったことが印象に残っています。三浦友和さんと言うと、ほとんどが正義感溢れる役柄が多かったのですが、このドラマではどちらかというと悪役をこなすことで新境地が見えた感じがしました。ドラマの中で、香取慎吾の大親友の天野ひろゆきがスーパーの店長役として出てきたことも良かったです。

30代女性
香取慎吾さん演じる主人公が、自分の娘ではないけれども、彼女だった女性の忘れ形見の女の子を男手一つで育てていきます。しかし彼女の父親が彼女が死んだのは、主人公のせいだと逆恨みし、ある看護師に主人公を誘惑してはめるように言いました。これは、ちょっと父親はそこまでするか卑怯なんじゃないかなと思いました。しかし看護師は主人公と触れ合ううちに恋に落ちてしまいました。女性の父親は、孫娘の親権を渡すように言い主人公は渡しました。そののち孫娘の実際の父親は別の男性であることが発覚しました。女性の父親は謝罪し、孫娘を育ててほしいといいました。主人公とその孫娘の女の子が最後花屋で仲良くやっているところは本当に引き裂かれなくてよかったと思いました。

20代男性
このドラマは登場人物の多くが心に闇を抱えていたり過去になにか問題を起こしていたりして、序盤からちょっと不穏な空気が漂っているのが特徴的だと思います。そしてこのドラマの独特な暗い雰囲気を支えているのが香取慎吾さんの表情の演技で、さっきまでは笑顔で話していたのにふとしたときに目が虚ろになったりと、暗い表情を自然につくるのが本当に上手いです。心にずしりと余韻が残る作品で、誰しもが人生においていろんなものを抱えているんだと改めて認識できる作品です。

20代女性
どうなっていくのか毎週楽しみにしているドラマでした。しずくちゃんと父ちゃんの絡みが大好きで、血が繋がっていないと分かってもこの親子の愛は本物だと思わせられるものでした。目の見えないフリをしているのではないかと疑問に感じたときに、この人は何を企んでいるのかしずくちゃんと父ちゃんの絆を壊すのではないかとすごく心配でした。そして何よりいい人そうで、愛が生まれそうだったのにすごくショックでした。最後にしずくちゃんと父ちゃんが愛を確かめ合うところがすごく好きなシーンです。

30代女性
香取慎吾が父親役をやった初めてのドラマです。いつも明るいキャラクターで元気が良い役が多かったのですが、このドラマの香取慎吾は物静かな花屋という、今までにないような役でした。相手役の竹内結子は盲目の美人という設定で、二人の間に流れる静かで温かくもどこか切なくなるような感情が、キレイに描かれていたドラマでした。二人の周りを固める松田翔太や釈由美子といった役者たちの、明るくコミカルな掛け合いも面白かったです。

30代女性
さすが野島作品という重厚感溢れるお話です。シングルファザーとして一人娘を育てている英治。娘の雫は、花屋を営む優しい父親のように良い子に育っている所が美しく描写されていて、とてもほっこりします。物語はそんな英治と雫を取り巻く人間関係を中心に描いています。物語が進むにつれて、誰が本当の父親なのか、美桜は本当にいい人なのか悪い人なのかといろいろな憶測が駆け巡りますが、最後は野島作品らしいラストになっているので、ぜひ最終回までしっかり見てほしいです。

まとめ

『薔薇のない花屋』の無料視聴にはTSUTAYA DISCASがおすすめです。
おすすめの記事