玉木宏さん出演ドラマ一覧とおすすめランキング【2020年】

こんにちは!

この記事では、玉木宏さん出演ドラマのおすすめランキングを発表します。

私は日本のドラマが大好きなマイケルです。最後までお付き合いのほどよろしくお願いいたします。

ランキングは独自アンケートの結果をもとに作成しました。懐かしのドラマから最新ドラマまで、あなたの意見と比べてみてくださいね♪

インターネット100人アンケート調査

玉木宏さん出演ドラマのおすすめ1位〜3位とその理由を教えてください。(1人3作品投票)

また最後に、下記も合わせて発表いたします!そちらもぜひお楽しみください♪

  • 今後の玉木宏さんの作品や演技に期待すること
  • 玉木宏さん出演ドラマの配信状況と無料視聴方法まとめ

まずは、ランキング結果の前にエントリー作品のご紹介です!

玉木宏さん出演ドラマの一覧 ※特別ドラマなどは除外しています

作品名 放送年 放送局
リモート 2002年 日テレ
あさが来た 2015年 NHK
愛し君へ 2004年 フジテレビ
ラストクリスマス 2004年 フジテレビ
氷壁 2006年 NHK
功名が辻 2006年 NHK
篤姫 2008年 NHK
平清盛 2012年 NHK
トップキャスター 2006年 フジテレビ
のだめカンタービレ 2006年 フジテレビ
鹿男あをによし 2008年 フジテレビ
ラブシャッフル 2009年 TBS
ギルティ 悪魔と契約した女 2010年 フジテレビ
結婚しない 2012年 フジテレビ
私の嫌いな探偵 2014年 テレ朝
きょうは会社休みます。 2014年 日テレ
残念な夫。 2015年 フジテレビ
キャリア〜掟破りの警察署長〜 2016年 フジテレビ
あなたには帰る家がある 2018年 TBS
スパイラル〜町工場の奇跡〜 2019年 テレビ東京
竜の道 二つの顔の復讐者 2020年 フジテレビ
極主夫道 2020年 日テレ

では、さっそくおすすめランキングの発表に行っちゃいましょう!!

玉木宏さん出演ドラマのおすすめランキング

順位 作品名 放送年 放送局 投票数
のだめカンタービレ (2006年, フジテレビ) 2006年 フジテレビ 82点
あさが来た (2015年, NHK) 2015年 NHK 34点
竜の道 二つの顔の復讐者 (2020年, フジテレビ) 2020年 フジテレビ 30点
きょうは会社休みます。 (2014年, 日テレ) 2014年 日テレ 22点
残念な夫。 (2015年, フジテレビ) 2015年 フジテレビ 22点
極主夫道 (2020年, 日テレ) 2020年 日テレ 20点
鹿男あをによし (2008年, フジテレビ) 2008年 フジテレビ 14点
平清盛 (2012年, NHK) 2012年 NHK 13点
篤姫 (2008年, NHK) 2008年 NHK 10点
あなたには帰る家がある (2018年, TBS) 2018年 TBS 10点
どうでしたか?あなたの予想は合っていましたか?
では、それぞれの作品情報と、おすすめの理由を紹介していきます。ぜひ気になる作品をチェックしてみてください!!

1位 『のだめカンタービレ (2006年, フジテレビ)』

82点

投票数

58人

1位に選んだ人

玉木宏さんの代表作です。

あらすじ

音大生の青春を描いた同名コミックをドラマ化。音大でピアノ科に通う千秋は指導教授の江藤と決別し、谷岡のクラスへ。そこで、ピアノ以外のことに無頓着な“のだめ”こと野田恵と出会う。千秋は自分とは違う感性を持つのだめに戸惑いつつも、一緒にレッスンを始める。

ザテレビジョン

作品情報

放送年2006年
放送局フジテレビ
キャスト上野樹里 /玉木宏 /瑛太 /水川あさみ /小出恵介 /上原美佐 /遠藤雄弥 /サエコ
スタッフ原作:二ノ宮知子 /脚本:衛藤凛 /プロデュース:若松央樹、清水一幸 /演出:武内英樹、川村泰祐、谷村政樹 /音楽監修:茂木大輔 /音楽プロデューサー:外村敬一 /音楽:服部隆之 /主題歌:ベートーヴェン「交響曲第7番」第1楽章抜粋、ジョージ・ガーシュウィン「ラプソディ・イン・ブルー」

おすすめの理由

  • おもしろい!曲がいい!クラシックに興味をもった。
  • 特にありません。
  • 白目を向いたり、硬派な役以外もやってくれるんだなと好感持てた。
  • ツンデレな感じを見れるので可愛い
  • ピアノを弾く面白さが伝わったからです。
  • 頭良さげな役柄が似合っているから
  • 綺麗な顔立ちなので天才気質な役がすごく似合っていました。ドラマもどんどん全員の役にはまっていく感じやアニメをしっかり再現していたのですごくよかったです。
  • 何気なく見ていたのがのだめカンタービレでした。最初はバラバラで主人公の玉木宏さんの役の人も人間性の無い役だと思いました。上野樹里さん役のヒロインとの出会いは隣の部屋でピアノの指導者になった事がでした。出会ったことで丸くなっていきやがてはピアノ科から指揮科へ移動するも初めは認められなかったが努力して行くうちに自分でオーケストラを作って指揮者になったと言う事です。そして劇中のオーケストラはみんな楽しく弾いていました。あの感動はあそこだけしか味わえない魔法みたいなものだと思いました。私はこの作品でピアノや吹奏楽など音楽がしたいきっかけになりました。理想とは大分違いますがみんなで楽しく演奏するどう言うのは共感しています。普段努力して練習してステージで勝負した者だけにしか味わえない魔法みたいな光景でした。
  • 普段二枚目のカッコ良い役が多いので、このドラマのように少しコメディー要素が入った役は新鮮で面白いから。
  • 玉木さんのかっこよさがにじみ出た良い作品です。ストーリーの内容というより玉木さんの美しさに惚れます。
  • 上野樹里さんとのコンビが非常に良く、指揮をする姿もカッコ良かったし、共演者も非常に豪華でまた見てみたいと思ったので。
  • やっぱりこれかな、と
  • 玉木宏さんの代表作だと思います。
  • コメディタッチのシーンもカッコよかったからです。
  • 家族みんなでドラマの放送を楽しみにして、白目を剥く玉木さん、樹里さんに笑いました。 玉木さんの指が綺麗でうっとりし、主演以外のキャストさんも大好きでした。
  • 指揮者姿がとにかくかっこよかったから。
  • 指揮者という役柄を演じる上で、本人が最初から最後まで演じきったという話を聞きごまかしのきかない役どころを実にうまく演じたと思い、玉木さんの演じた役の中でも一位にしたくなります。
  • 千秋先輩のイメージ通りだったので
  • 指揮者がハマり役で夢中になって見てました
  • 千秋先輩がかっこよかった
  • クラシックと恋愛要素のバランスが非常によくて面白い作品だからです。
  • 天才的なピアノの才能を持つ・のだめとエリート音大生千秋のラブコメディ。かっこいながらものだめにツッコミを入れ、必死になっている千秋役が面白かった。
  • こんなに燕尾服着こなせる人、見たことない!コメディパートとピアノ、そして指揮者、どの部分を取ってもカッコいい。お料理上手の部分も(アジのお造り!)何よりナレーションの声が大好きです。ツンデレに見えて結局は面倒見のいい千秋先輩最高です。
  • 原作も読みましたが、はまり役でした。
  • むちゃくちゃすぎる世界観をどうにか現実のコメディーに持って行ってくれる千秋先輩が最高によかった。
  • キャラが素敵なので
  • 相手役の上野樹里との掛け合いがとてもリズムがあっており楽しかったため。
  • 千秋先輩が面白くてカッコ良かったからです。
  • すごくカッコよくて、指揮姿に見惚れた
  • 上野樹里との掛け合いが面白い
  • 玉木宏の初期の代表作ですよね!上野樹里とのコンビがバッチリでした。
  • 有名な指揮者の役をイケメンで演じる姿は素敵でした。
  • 面白いドラマだった。
  • 原作のイメージとよく合っていた
  • 上野樹里さんとの共演でお二人の演技が面白くよかった。
  • 面白いから、上野樹里さんとのやり取りが面白いから
  • とにかく全てがカッコ良かったです。
  • 千秋とのだめの奏でる音楽すごい
  • ドラマ界の傑作だと思う。適役だった。
  • ハマリ役だから。ドSで皆が振り返るくらいのイケメンで、でも白目むいたり変顔も躊躇なくやれて、体当たりで演じる姿が見ていて気持ち良く美しかったから。
  • のだめに振り回される役が見事にハマっていたと思うから。

2位 『あさが来た (2015年, NHK)』

34点

投票数

12人

1位に選んだ人

2位!

あらすじ

実在した幕末生まれの女性実業家・広岡浅子の人生をモデルに、相撲好きなおてんばヒロイン・あさを波瑠、優しい夫の新次郎を玉木宏が演じる。あさは実業家として奮闘するが、男社会でなかなか認められずに苦労する。だが、夫の支えを得ながら、銀行などさまざな事業に尽力し、日本初の女子大学設立をする。

ザテレビジョン

作品情報

放送年2015年
放送局NHK
キャスト波瑠 /玉木宏 /寺島しのぶ /風吹ジュン /近藤正臣 /宮崎あおい /升毅 /友近
スタッフ原案:古川智映子 /脚本:大森美香 /演出:西谷真一、新田真三、佐々木善春、尾崎裕和、中野亮平、鈴木航 /制作統括:佐野元彦 /プロデューサー:福岡利武、熊野律時 /語り:杉浦圭子 /音楽:林ゆうき /主題歌:AKB48「365日の紙飛行機」

おすすめの理由

  • 新次郎さんは当り役!色気のある旦那役はサイコーでした。
  • おだやかで朝に聴く声にぴったりだったからです。
  • 男社会の時代の中で、実業家として活躍する妻・あさを優しく見守る眼差しが素敵でした。
  • 和服がすごく似合っていたし、品のある立ち居振る舞いも格好良くて素敵だったから。
  • 妻のあさのことを大切に思う演技に魅了された。
  • ちょっと間の抜けた旦那さん役が似合っていたから
  • 三味線を弾く姿も非常にサマになっていたし、波瑠さんとの夫婦役も素敵で、新次郎という役が非常にハマっていたと思うので。
  • 理想の夫そのものでした。普段ははんなり、ここぞというときはビシッと、器の大きな旦那様で、いい夢を見せてもらいました。
  • 理想のダンナ様像だと思う
  • のんきな次男坊が、妻を大切にしている姿がすごくよかったから。
  • おっとりと優しい年上の旦那様。微笑んで立っているだけで行動的な主人公を支えている旦那様を演じきれているように思います。若すぎると演じられない独特の包容力がテレビ画面から感じることが出来て良い年の取り方をして、良い役に出会えたな、と勝手に思っています。
  • 爽やかでおだやかな雰囲気が好印象だったからです。
  • 今までの役とは違い理想の優しい旦那や父親像の役でさした。 主人公の破天荒な行動に振り回されつつも見守って行く役が凄かったです。あさが来たは話数が多いので覚えていません。
  • 玉木さんの落ち着いた感じが役にあっていて素敵です。
  • ちょっと情けなく、でもとても優しい姿が印象的でした。
  • 自由奔放ながらも、妻を大切にする姿が素敵でした。
  • 主人公のあさの旦那さん役でした。 御曹司で優しい雰囲気の役が合っていたと思います。

3位 『竜の道 二つの顔の復讐者 (2020年, フジテレビ)』

30点

投票数

6人

1位に選んだ人

3位!

あらすじ

1997年、福岡。幼いころに実の両親に捨てられ、小さな運送会社を営む吉江夫妻の養子として引き取られた双子の竜一(少年時代:阪本光希)と竜二(少年時代:阪本颯希)は、夫妻の実の娘である5歳の妹・美佐(幼少期:宮地美然)と仲良く暮らしていた。しかし、全国への事業拡大を企むキリシマ急便の社長・霧島源平(遠藤憲一)の悪質な乗っ取りに遭い、多額の借金を抱えた養父母は自殺。養父母が源平に追い詰められる姿を間近で見ていた竜一と竜二は、源平への復讐(ふくしゅう)を誓い合う。 それから7年後の2004年。22歳の竜一は、たばこの不始末による火事で突然帰らぬ人となってしまう。ところが、その数カ月後、竜二(高橋一生)の前に現れたのは、顔も名前も違う竜一を名乗る男(玉木宏)だった……。 竜一は裏社会の人間として、竜二は国土交通省のエリート官僚として、源平やキリシマ急便の周辺の情報を探っていく。成長した美佐(松本穂香)にも本当のことを告げず、復讐計画を進めていく双子の運命は…。

フジテレビ

作品情報

放送年2020年
放送局フジテレビ
キャスト玉木宏 /高橋一生 /松本穂香 /細田善彦 /奈緒 /今野浩喜 /渡辺邦斗 /西郷輝彦
スタッフ原作:白川道 /脚本:篠﨑絵里子、守口悠介 /プロデューサー:米田孝、水野綾子 /演出:城宝秀則、岩田和行、紙谷楓、吉田使憲 /音楽:村松崇継 /主題歌:SEKAI NO OWARI「umbrella」 /オープニング曲:ビッケブランカ「ミラージュ」

おすすめの理由

  • 双子の兄役で悪者の役ですが、味のある演技でした。
  • ちょいワルな役柄がカッコいいです。
  • 渋い役がカッコ良かったから。
  • 泣ける。切なすぎる竜一兄さんでした。一人汚れ仕事を一身に背負って弟と妹を守ろうとする兄さん。双子の弟、竜二(高橋一生さん)とのシンクロする演技がすごい。いろいろ言っても面倒見のいい竜一兄さんがとても愛おしいドラマでした。
  • 少し怖い話ではありましたがその役もしっかり演じ切っていましたしとても大人の魅力を感じ素敵なドラマでした。ドラマのストーリーはとても暗くドラマを見終わった後にどっと疲れるような感じでしたが復讐・・・やはり自分に帰ってくると感じました。
  • 演技がうまいから。
  • 裏がある感じの役でしたが似合っていました。 こういう危険な匂いのする男性の役も良いなと思いました。
  • ハラハラドキドキしたドラマ
  • 演技に対する気迫がすごかったからです。
  • 竜一、死ぬ直前までかっこよかった。
  • 貫禄があった
  • 復讐に向かって突き進む、圧巻でした
  • 復讐にとらわれていながらも弟達家族や周りを守ろうとする姿が印象的で見応えのある作品でした。
  • 今まではクールなイメージの役柄が多かったので人間味がありよかった。
  • 演技が素晴らしい

4位 『きょうは会社休みます。 (2014年, 日テレ)』

22点

投票数

0人

1位に選んだ人

あらすじ

綾瀬はるか主演で、藤村真理による漫画を実写化。30歳を目前にして男性経験のないOL・花笑(綾瀬)の不器用な恋愛を描く。「いつか白馬の王子様が迎えにくる」と信じる“こじらせ女子”の花笑は、飲み会の流れで大学生アルバイトの田之倉(福士蒼汰)と一晩を過ごす。その後ろめたさから、花笑は会社をズル休みしてしまう。

ザテレビジョン

作品情報

放送年2014年
放送局日テレ
キャスト綾瀬はるか /福士蒼汰 /玉木宏
スタッフ原作:藤村真理 /脚本:金子茂樹 /演出:中島悟、狩山俊輔 /プロデューサー:櫨山裕子、秋元孝之 /主題歌:槇原敬之「Fall」(WORDS&MUSIC / Buppu Label) /音楽:得田真裕

おすすめの理由

  • スーツ姿がとてもカッコ良く、作品も面白かったから。
  • 役柄が素敵だった
  • スーツ姿がとにかくかっこいい
  • とにかくイケメン
  • イケメン実業家を嫌味なく演じられるのは、玉木宏ならでは!
  • ヒロインにちょっかいを出す、完全に当て馬なんだけどサラリと紳士的で格好良くて素敵だったから。
  • とてもかっこよかったので
  • クールな役柄で綾瀬はるかとのやり取りが面白かった。
  • キュンキュンする恋愛ドラマでお気に入りだからです。
  • 欠かさず見ていましま。作品を知ったのはきっかけは大学の授業でした。で図書室に本があって読んでいました。 いわゆる壁ドンが浸透したドラマだと思います。未成年ながらに主人公と相手役のセリフや行動にキュンキュンしていました。主人公の相手役と話すまでの途中の手振りや自己暗示の所も好きな所の1つでした。
  • キュンとする。

5位 『残念な夫。 (2015年, フジテレビ)』

22点

投票数

6人

1位に選んだ人

あらすじ

幸せな結婚をし、子どもの誕生で大きな喜びを得られ、さらに愛情あふれた家族生活が待っているはず・・・ と、思いきや、最近出産をきっかけに妻から夫への家庭内の評価が下がり、夫婦の離婚危機を迎えるケースが増えていることをご存じだろうか? 子どもが生まれたのに父親らしい進歩が見えない主人公・榛野陽一、34歳。子育てという未知の領域に対面し、自分では精一杯協力しているつもりだが空回り。 出産後、母親としての責任感から精神的に強くなった妻・榛野知里、28歳。自分のことを理解してくれない夫の言動に失望し、接する態度も冷ややかになってしまう。 果たして“残念な夫”に成り下がってしまった主人公は夫婦間の問題を解決し、家族の絆を深めることができるのか・・・?現代の夫婦が抱える“産後の離婚危機問題”をテーマにした社会派ライトコメディードラマをお見逃しなく!

FOD

作品情報

放送年2015年
放送局フジテレビ
キャスト玉木宏 /倉科カナ /黒木啓司 /生田絵梨花 /林遣都 /高橋メアリージュン /笛木優子 /浅田美代子
スタッフ脚本:山﨑宇子 /プロデュース:小原一隆 /ラインプロデュース:羽鳥秋乃 /演出:西坂瑞城、宮木正悟 /フードコーディネータ:住川啓子 /住宅設計監修:田湖博 /音楽:横山克 /主題歌:ユニコーン「はいYES!」

おすすめの理由

  • イケメンだけどイクメンになりきれない、頼りない夫を演じる玉木さんがとっても面白くて大好きなドラマでした。
  • 当時、新婚で子供が生まれたばかりだった事もありすごく感情移入しながら見ていたドラマです。 一緒に見ていた夫から「オレはそんな事ないよね?!」と何度も聞かれたのも良い思い出として残っています。
  • 夫の新たな一面を見た
  • こんな役もできるんだと意外に感じておもしろかった
  • 夫の残念さがくすっと笑え、母の視点ではそうそう!!となる話でとてもおもしろかったです。玉木宏演じる夫のちょっと情けない感じがとても上手でした。
  • 面白い表情も素敵でした。
  • 大変コミカルな役どころでした。不倫疑惑のところなど面白かったです。
  • 玉木さんの雰囲気に合ってるから
  • 玉木宏さんのイメージとは真逆でコミカルな一面もあり楽しめる作品でした。
  • 本当にため息がでるダメ夫が笑えた
  • ダメ夫でなよなよしてる感じが面白かった

6位 『極主夫道 (2020年, 日テレ)』

20点

投票数

6人

1位に選んだ人

あらすじ

裏社会に数々の伝説を残した最凶の極道、不死身の龍(玉木)。そんな龍が極道から足を洗い、選んだ道は“専業主夫”。主夫の大変さや日常のトラブル、悩みを、龍が爽快に解決する姿をコミカルに描く。

ザテレビジョン

作品情報

放送年2020年
放送局日テレ
キャスト玉木宏 /川口春奈 /志尊淳 /古川雄大 /玉城ティナ /MEGUMI /安井順平 /田中道子
スタッフ原作:おおのこうすけ /脚本:宇田学、モラル /監督:瑠東東一郎、内藤瑛亮、本田隆一 /チーフプロデューサー:前西和成 /プロデューサー:中山喬詞、小島祥子、清家優輝 /共同プロデューサー、池田健司 /音楽:瀬川英史 /主題歌:Da-iCE 「CITRUS」

おすすめの理由

  • 原作漫画のイメージそのままに主人公・龍を演じる玉木宏さん。コメディでの演技が好きなので、とても楽しみにしている。
  • 漫画の主人公にそっくりなので
  • サングラスに強面なのに主夫というギャップにやられた。
  • 役が似合ってるから、これからも楽しみにしてます
  • 怖い見た目なのに家事バリバリでギャップが良いから
  • 原作があるドラマとは言え、最初その役の格好をされているのをテレビで見た時は非常にビックリしたが、エプロン姿が可愛らしくて、普段から家事も結構されるんだろうなと思ったので。
  • CMで予告を拝見しましたが、今までにないようなキャラで気になりました。
  • 来シーズン一番期待しているドラマだからです。竜の道はちょっと暗い話だったので明るい話になりそうな今回のドラマが楽しみです。
  • まだ放送されていませんが原作の漫画が好きで玉木さんが主演と聞き、極道のイメージなかったなと感じていましたが、CMをみるとキャストの皆さんが豪華ですごく放送が楽しみになりました。
  • 二枚目俳優さんがちょっと面白い役をやっているドラマの方が、ギャップがあって面白く見られるから。

7位 『鹿男あをによし (2008年, フジテレビ)』

14点

投票数

0人

1位に選んだ人

あらすじ

9月、「おれ」はひょんなことから大学の教授に勧められ、2学期の間限定で奈良の女子高の教師になる。しかし、生徒にからかわれたり、無視されたりとコミュニケーションが取れず、途方に暮れる。そうして迎えた10月。奈良公園の大仏殿裏にいた「おれ」の前に突如鹿が現れ、人間の言葉で話しかけてきたのだ。実はその鹿は1800年前から人間を守りつづけてきた存在で、60年に1度行われる「鎮めの儀式」で用いる目を運ぶ役(「運び番」)に「おれ」を任命する。目は人間界で「サンカク」と呼ばれ、狐の「使い番」を任せられた女性から渡されると話す鹿であったが、「おれ」は「使い番」に気づかず、挙句に違うものを渡される。鹿は「目を鼠に奪われた」と言い、状況が理解出来ない「おれ」に印をつけ、「おれ」の顔を鹿にしてしまう。そして鹿は「目を取り戻さないと日本が滅びる」と警告するのであった。ちょうど同じころ、東では火山性微動が続き、富士山が噴火する兆候にあった。 一方、勤務する高校では年に一度のスポーツイベントである姉妹校との交流戦「大和杯(やまとはい)」が行われようとしていた。そして「おれ」はその優勝プレートが「サンカク」と呼ばれていることを聞く。剣道部の顧問になった「おれ」は、そのプレートこそ、鹿が言っていた目であると考え、人類を危機から救うために目を取り戻そうと優勝を目指すのだが、思わぬ事態が待ち構えていた。

Wikipedia

作品情報

放送年2008年
放送局フジテレビ
キャスト玉木宏 /綾瀬はるか /多部未華子 /山寺宏一 /佐々木蔵之介 /児玉清 /篠井英介 /キムラ緑子
スタッフ脚本:相沢友子 /企画:中島寛朗 /アソシエイトプロデュース:石原隆 /プロデュース:土屋健 /技術プロデューサー:友部節子 /演出:鈴木雅之、村上正典、土方政人、河野圭太、村谷嘉則 /歴史監修:千田稔 /音楽:佐橋俊彦

おすすめの理由

  • 特にありません。
  • のだめの後の作品で、千秋先輩とはガラっと変わった役柄がよかった
  • 不思議な世界観が魅力的だったからです。
  • 楽しくみていたからです。
  • 小川の神経質なところや、お腹が弱そうなの所が、当時の玉木氏のやせ具合と相まって本当にお腹が常に痛そうな生活をしているんじゃないかと思いました。キリキリして、後ろ向きな役のこなし方がとてもお上手で作品を魅力的なものにしたと思います。
  • コミカルで歴史文化を感じさせてくれる作品で楽しかった
  • 何を言っているのか大体ずっとよく分からないドラマだったのに、その世界に翻弄される主人公から目が離せなくてハマれる不思議な作品。

8位 『平清盛 (2012年, NHK)』

13点

投票数

2人

1位に選んだ人

あらすじ

武士が貴族の番犬だった時代。実力で覇者に上り詰めた奇跡の男・平清盛の先見的で躍動感あふれる姿を壮大なスケールで描く。本当の親を知らないまま、武士の新興勢力・平氏の下で育てられた清盛は、養父・忠盛と共に海賊退治を行い、一人前のサムライに鍛え上げられる。やがて武士の頂点に立ち日本の覇者となっていく。

ザテレビジョン

作品情報

放送年2012年
放送局NHK
キャスト松山ケンイチ /中井貴一 /和久井映見 /中村敦夫 /豊原功補 /大東駿介 /駿河太郎 /鈴之助
スタッフ作:藤本有紀 /制作統括:磯智明、落合将 /プロデューサー:櫻井壮一 /演出:柴田岳志、渡辺一貴、中島由貴、佐々木善春、橋爪紳一朗、中野亮平 /音楽:吉松隆 /テーマ音楽演奏:NHK交響楽団 /テーマ音楽指揮:井上道義 /テーマピアノ演奏:舘野泉

おすすめの理由

  • ラストが意外だった
  • 日本史が好きな私にとって面白かったからです。
  • また見たいからです。
  • 特にありません。
  • 私が見た中で、重要な役柄の人物のうちの一人を演じていて、かっこよかった印象です。
  • この作品での玉木宏の演技力が素晴らしいからです。
  • また見たいからです。

9位 『篤姫 (2008年, NHK)』

10点

投票数

2人

1位に選んだ人

あらすじ

鹿児島・薩摩藩の島津家から13代将軍・徳川家定に嫁いだ天璋院篤姫(1835−83)の生涯を描く。島津分家に生まれた、後に篤姫となる於一は、好奇心旺盛で心優しい娘に育つ。ある日於一は、兄・忠敬が受ける寺での講義に、男装をして紛れ込む。そこで尚五郎に出会う。

ザテレビジョン

作品情報

放送年2008年
放送局NHK
キャスト宮﨑あおい /高橋英樹 /瑛太 /小澤征悦 /原田泰造 /堺雅人 /松田翔太 /堀北真希
スタッフ原作:宮尾登美子 /脚本:田渕久美子、松下和惠 /制作・プロデューサー:屋敷陽太郎 /演出:佐藤峰世、岡田健、渡邊良雄、堀切園健太郎、上杉忠嗣、松川博敬 /音楽:吉俣良 /テーマ音楽演奏:NHK交響楽団 /テーマ音楽指揮:井上道義 /演奏:弦一徹オーケストラ

おすすめの理由

  • 坂本龍馬役で出演してました。 玉木さんの優男な雰囲気で龍馬に合うかなと思ってましたが声が渋くてかっこいいですし龍馬の無骨な感じも合っていました。
  • 新たな龍馬像を作り上げた
  • かっこいいから
  • ふだん大河は見ないけど珍しく見続けました。
  • 私が想像する坂本竜馬とはちょっと違う一面を玉木さんが演じていたと思います。演じる方によって坂本竜馬がよく見えた良い演技です。

10位 『あなたには帰る家がある (2018年, TBS)』

10点

投票数

2人

1位に選んだ人

あらすじ

主人公・佐藤真弓(中谷美紀)は、結婚13年目の夫・秀明(玉木宏)と一人娘の麗奈との三人家族だ。子育てはひと段落したものの、私立中学に入学した娘の学費やら諸経費やらが家計を圧迫。生活を守るため、結婚以来、ひさしぶりに仕事を始める決意をする真弓。しかし、秀明は危機感を持つことはなく、真弓の仕事にも家事にも非協力的だ。家事に対してとばっちりのようにしか思っていない秀明とそんな彼に不満を抱えるばかりの真弓…。  そんな中、秀明が働く住宅会社のモデルハウスに、茄子田太郎(ユースケ・サンタマリア)と妻の綾子(木村多江)が、客としてやってくる。真弓とは対照的な女性である綾子に、衝動的に惹かれはじめる秀明。 綾子も秀明との出会いに、運命的なものを感じていたのだった。  家族のために頑張ろうと決めた真弓の決断がもとで、夫婦の溝が深まってしまう矛盾──。それでも、家族の平穏を守るため一人で頑張ろうとする真弓だったが、真弓がそうすればそうするほど、秀明はますます窮屈さを感じ、綾子との“落ちてはいけない禁断の恋”に奔ってしまうのだった…。

公式サイト

作品情報

放送年2018年
放送局TBS
キャスト中谷 美紀 /玉木宏 /駿河太郎 /高橋メアリージュン /藤本敏史 /笛木優子 /ユースケ・サンタマリア /木村多江
スタッフ原作:山本文緒 /演出:平野俊一、吉田健、松田礼人 /脚本:大島里美 /編成担当:高橋正尚 /プロデューサー:高成麻畝子、大高さえ子 /音楽:兼松 衆 /主題歌:Superfly『Fall』

おすすめの理由

  • 楽しみに見ていました
  • 玉木宏が演じる夫がクズすぎて笑えるドラマだった。
  • ついつい否定できず巻き込まれてしまうところ、そして焦る姿が、こっちまでドキドキさせられて、とてもおもしろかったです。
  • ちょっと情けないとこが良かったです。
  • 頼りなく二人の女性に振り回される旦那だけど、どこか憎めなくて好きです。

今後の玉木宏さんの演技や作品に期待すること

アンケート調査では、「〇〇さんと共演してほしい」「△△の役をやって欲しい」「××のドラマを再放送してほしい」など、「今後の玉木宏さんの演技や作品に期待すること」についてもアンケートしました。

その内容をいくつかご紹介いたします。

  • サイコパスみたいな役をやってほしいから。
  • 校長先生役
  • スポーツ選手の役
  • もう続編はこれ以上ないのは分かっていますが、のだめカンタービレは映画版も含めて何度も見ています。大変素敵な作品なので、当時のことを振り返って、対談などしてもらえると嬉しいと思います。
  • 「あなたには帰る家がある」のようにコメディ要素のあるドラマでの演技が見てみたい。
  • 竜の道の続編をやってほしいです。
  • ソフトで自然なゲイ役。「きのう何たべた」の西島さんみたいな。
  • 小学校の教師役をやってもらいたい。けっこう面白いドラマになると思います。
  • 私の嫌いな探偵 の続編とか出たら楽しそうだなと思います。
  • おじさまと猫がドラマ化されたら主役をして欲しい。
  • 上野樹里さんとの共演をまた見てみたい
  • 声がいいので吹き替えなどの声優業ももっとやってほしいです。
  • 大河などの歴史もので軍師の役をやってほしいです。知略にあふれたかっこよさと非常にならないといけない部分をもつ軍師は玉木さんに似合っていると思います。その上で玉木さんの演技の上手さを活かす何かを見せて頂けたら嬉しく思います。
  • 犯人役がみたい。
  • 刑事役がみたい
  • コメディドラマに出て欲しい。
  • LGBTの役をやってほしいです。 セクシャルマイノリティをどう演じるのか興味があります。
  • 歴史上の人物の役をやって欲しいです。 坂本龍馬はやっていたので織田信長とかも見てみたいです
  • 刑事ものがみてみたい
  • 今はただ、無事に極主夫道が放送されますように。
  • 最近落ち着いた演技を見せているので、さらに役者の幅を広げていただきたいと思います。
  • 残念な夫の続編が見たいです。
  • ダメンズ姿が見たい
  • 柴咲コウさんと共演して欲しい
  • のだめカンタービレのスペシャルドラマ希望です。
  • サスペンスやミステリーなどダークな作品にでてほしい。
  • のだめカンタービレの続編が見たいです。 あとめちゃくちゃガーリーな男性役も見たいです!おねえみたいなかんじ。
  • 冷徹な役をやってみてほしい
納得のご意見!!新たな意見など、面白いですね♪

玉木宏さん出演ドラマの配信状況と無料視聴方法

いかがでしたでしょうか?思わずドラマを見返したくなってしまいますよね。

ここでは、玉木宏さん出演のおすすめドラマの配信状況と無料視聴方法をお伝えいたします。

玉木宏さん出演ドラマの無料視聴方法

玉木宏さん出演ドラマを無料視聴する方法については、各ドラマの記事で詳細を説明しています。

玉木宏さん出演ドラマの記事一覧はこちら

玉木宏さん出演作一覧まとめ

この記事では、玉木宏さん出演ドラマのおすすめランキングをお伝えしました。

動画配信サービスと無料視聴する方法も合わせてご紹介しましたので、未視聴のドラマがあればぜひ視聴いただければと思います。

他の俳優の方の出演ドラマのおすすめランキングはこちらをご覧ください。

おすすめの記事