刑事7人2019(第5シリーズ)の動画を1話2話3話~最終回まで無料視聴|Pandora(パンドラ)も調査

この記事では、テレ朝で2019年放送のドラマ『刑事7人 シーズン5』を全話無料視聴する方法を説明します。


刑事7人の第5シリーズ。今回も主人公の刑事の研ぎ澄まされた感覚で事件を解決していきます。

結論として、『TSUTAYA DISCAS』の宅配レンタルなら『刑事7人 シーズン5』を全話無料視聴できます!ネット配信はありませんでした。
tsutaya discas
TSUTAYA DISCASで無料レンタル
30日間のお試し期間中に解約すれば0円!

『刑事7人 シーズン5』を無料視聴できるネット配信はありませんでした。

○…見放題配信 △…有料配信 ×…配信なし

配信
サービス(リンク)
配信
状況
無料
お試し期間
月額費
(税抜)
Hulu × 2週間 933円
U-NEXT
1話330円
31日間
1,990円
dTV × 31日間 500円
Paravi × 2週間 925円
FODプレミアム × 2週間 888円
NETFLIX × なし 800円〜
Amazon prime video
1話330円pt
30日間 455円
TELASA × 30日間 562円

※調査結果は記事執筆時点の情報

 

【DVD】『刑事7人 シーズン5』の無料宅配レンタル

『刑事7人 シーズン5』はTSUTAYA DISCASのお試し期間で全話無料レンタル可能です。

TSUTAYA DISCAS

月額料金 2,417円(税抜)
無料お試し期間 30日間
特徴
  • ネット配信制限のあるジャニーズ出演作やジブリも楽しめる
  • DVDが自宅に届く。返却はポスト投函。返却期限なし。
  • TSUTAYA TV(ネット配信)も利用可
  • DVD月8本+旧作DVD借り放題

全10話前後のドラマはDVD4〜6本ですので、お試し期間で全話無料レンタルできます!

Pandora・Dailymotion・Youtubeの動画

『刑事7人 シーズン5』のフル動画は上記サイトにはありませんでした。
違法アップ動画のリスクと欠点
  • 低画質・低音質(音ズレ)
  • 全話そろっていない
  • 偽広告によるウイルス感染やフィッシング詐欺

 

詐欺広告

TSUTAYA DISCASの無料お試しで『刑事7人 シーズン5』の良質な動画を見られますので、リスクを犯して低品質な動画を探す必要もないと思いますよ。

『刑事7人 シーズン5』のあらすじ・主題歌・キャスト

『刑事7人 シーズン5』のあらすじ

2019年夏、複雑化・高度化する超凶悪犯罪と難解な未解決事件に特化し、早期解決を目指す、警視庁独自の部署として「専従捜査班」が正式に発足した。その「専従捜査班」が結成されて間もない金曜日--。ある貸し倉庫で、所轄署の刑事・大貫敦の遺体が発見された。臨場した天樹悠(東山紀之)らが目にした大貫の遺体は、口いっぱいに金ぱくを詰め込まれていた。さらに、現場の窓には、同じ金ぱくで書いた『オマエタチ ハ ムリョク』という、警察に挑戦するかのようなメッセージが残されていた。

過去のシーズンで裏切りをした山下が協力したり、元上司の沙村が登場するなど新旧のメンバーが関わるところが見どころです。

『刑事7人 シーズン5』の主題歌

刑事7人 シーズン5の主題歌はなく、BGMのみです。

『刑事7人 シーズン5』のキャスト

天樹悠 … 東山紀之
海老沢芳樹 … 田辺誠一
水田環 …  倉科カナ

野々村拓海 … 白洲迅

青山新 … 塚本高史
片桐正敏 … 吉田鋼太郎
堂本俊太郎 … 北大路欣也

久々の前シリーズと同じキャストで出演されてる他、第3シリーズに出演されていたキャストも出演する豪華さになっています。

「刑事7人2019 Season5」の放送日・タイトル・視聴率

第1話

放送日

サブタイトル

視聴率(%)

2019年7月10日

再集結!! 最強チームが挑む謎…7日連続殺人事件からの挑戦状 13.2

第2話

放送日

サブタイトル

視聴率(%)

2019年7月17日

7日間の連続殺人に隠された秘密―“忘れられし冤罪事件” 13.1

第3話

放送日

サブタイトル

視聴率(%)

2019年7月31日

消えた死体の謎…!―鍵を握る4年前の“ある失踪”の秘密 11.0

第4話

放送日

サブタイトル

視聴率(%)

2019年8月7日

悪魔にとりつかれた家族―ある死刑囚からの告白 11.4

第5話

放送日

サブタイトル

視聴率(%)

2019年8月14日

天樹の命を救えー!タイムリミットは24時間、休日の惨劇 11.2

第6話

放送日

サブタイトル

視聴率(%)

2019年8月21日

警察人生初めての黒星―交差点信号機に隠された母娘の秘密 9.9

第7話

放送日

サブタイトル

視聴率(%)

2019年8月28日

被害者は2度殺された!? 国境を越える死亡時刻の謎 11.6

第8話

放送日

サブタイトル

視聴率(%)

2019年9月4日

その人は本当に警察官ですか?―“なりすまし男”衝撃の正体 11.4

第9話

放送日

サブタイトル

視聴率(%)

2019年9月11日

時を超える2つの“毒”―71年前の毒殺に隠された驚愕の事実 11.3

最終回

放送日

サブタイトル

視聴率(%)

2019年9月18日

サヨナラ専従捜査班“最期の事件”―敵はなんと、かつての仲間!? 12.4

『刑事7人2019 シーズン5』の感想(ネタバレ注意)

感想はここをクリック!

40代男性
主人公・天樹悠をはじめとした専従捜査班が活躍するドラマで、天樹は資料係というポジションから、莫大な事件データから素早く過去の事件との関連性を調べ抜くスキルには驚かされました。刑事としての行動力はもちろん、捜査における観察眼の鋭さも備わっていて、このシリーズ5では事件を違った角度から観察する面も見事でした。また、このシリーズでは、今は模範囚となった山下巧が天樹たちが捜査に難航しているところをリトル山下で援護するシーンや、最終回では沙村が再登場し、専従捜査班と敵対すると思われたが最終的に天樹たちに賛同するシーンなど、新旧のメンバーが協力し合うのも素晴らしかったです。

40代男性
今回のシリーズでの最大のインパクトがあったのは、最終回の事件ではないかと思います。殺人事件を調査する中で、捜査会議に突然かつての同僚であった沙村が現れて専従捜査班を捜査から外すと宣告をしました。久しぶりにメンバーと再会したので、捜査協力をし合いながら事件解決へ導くと思っていたので予想を大きく裏切られました。しかし、捜査を外されたにも関わらずに天樹を中心に継続して捜査を行い最終的には犯人を逮捕して事件解決をしたのですが沙村が専従捜査班を信じていて捜査を外すことで、必ず結果を出す事を信じていた事が分かり離れていても信頼関係を取っている良いチームであるなと感じました。シリーズが終了して半年が経ちましたが、新しいシリーズが放映されるのが待ち遠しいです。

40代女性
シーズンを重ねメンバーたちの結束を感じる「刑事7人」。初回には初期のメンバーだった片岡愛之助さん演じる山下も出て来て懐かしかったです。また紅一点の水田が警察人生で初めて関わった加害者が出て来たりして過去の苦い思いを感じつつも捜査するエピソードなどもなかなか見応えがありました。回を重ねると天樹以外のメンバーのそれぞれの過去のエピソードも増えているなぁと感じました。新人の野々村が青山といいコンビ?になって来ているのも楽しかったです。また最終回のエンディングで珍しく全員が私服姿だったのが何よりも新鮮でした。今シリーズは水田が多めにクローズアップされた印象でしたが、どんどん男前になっていく気がしています。あんなに美人なのにもったいなぁと思いつつも頼もしく感じました。

30代男性
刑事7人を初めて見たのはシーズン5だったが、まず第一印象として主人公の天樹刑事の研ぎ澄まされた感覚というのが、他の刑事ドラマにはなかったので面白さを感じた。また、東山紀之が天樹刑事役にぴったりハマっていたと思う。また、ストーリー自体も曜日に見立てた殺人や71年前の殺人事件を模倣した殺人(犯人も実際71年前の犯人と同一人物)といった少し現実離れしたような事件が見ていて面白かった。また最終回はかつての仲間の沙村が出てきて、敵とおもいきや実は味方という内容は最終回に非常にふさわしい内容だったと思う。

30代男性
まさかこんなに長続きするドラマになるとは当時驚きながらも他の刑事ドラマとはタイプが違うスタイルの作品だったのでついつい見続けてしまいました。各シーズン通してあったシリアスな部分とおじさん俳優達の渋さは相変わらずの安定感があって重みのあるストーリー展開がいつもナイスに思えました。初期の頃と比べると7人がそろうことが少ないのですが個々のキャラクターが強すぎて単独カラーがまたインパクトがあって見応えを噛み締めることができる内容でした。個人的には倉科カナさんの品のある演技が一番印象的に残っています。

40代男性
2019年7月クール、警視庁に専従捜査班発足??。刑事7人復活!のシーズン5、毎週楽しみでしたねー。若さの秘訣を聞きたい少年隊の東山紀之さんの天樹悠刑事の超能力寄り捜査能力が、犯人や被害者の思いに迫る!。「なぜ、そのようなことになったんでしょう??」、真面目好青年タイプならではの質問が、心の闇に迫るのです。「何か心当たりはないでしょうか??」。すると、脅威をはね除ける為に、挑戦的挑発的な事を言ってしまう証言者も。その日その時の登場人物の思いは…??。鮮やかに推理できたら、いいなぁと思いながら。凶悪な犯人の罠も。勧善懲悪寄りの刑事ドラマがまだあった。スリルの中に正義寄り安心感があって、ワクワクしましたね。続編に期待したいです。

20代男性
シーズン5まで来たのは本当にめでたいことだなと実感しています。今回のシリーズでは、専従捜査官が発足して、ついに本格的に始まるんだなと感じました。まさか司法取引までもができてしまうのはやりすぎな気がしますが、そこまでできるのは彼らしかいないということでしょう。今までのシリーズよりも犯罪の数が完全に増えていると感じましたし、敵もかなり手強くなっていましたが、そこに立ち向かう東山さんたちはカッコ良かったです。

まとめ

『刑事7人 シーズン5』の無料視聴にはTSUTAYA DISCASがおすすめです。
おすすめの記事